婦人

不動産売買や相続で損はしたくない|手放す前に物件の価値を知る

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の費用について

婦人

賃貸物件を利用する場合、「費用はどのくらいかかるのか」について知っておく必要があります。ここでは賃貸物件にかかる初期費用などについて紹介しているため、これから賃貸物件に住もうと考えている人は、参考にしてみると良いでしょう。

もっと見る

様々な住まいを選択する

空き部屋

名古屋の中で安い賃貸物件に暮らしたい場合、アパートを選択しましょう。アパートは同じ間取りのマンションと比べても安価に生活できる魅力があります。また賃貸の一軒家はファミリー世帯にとって魅力的な住まいです。

もっと見る

庭付きの物件探し

男女

名古屋市内で庭付きの賃貸物件を探すときには、一戸建て以外にもテラスハウスやタウンハウスにも注目するのが良い方法です。募集中の物件はリビングルームが広いのが特徴であり、建設中の新築物件に注目することがポイントです。

もっと見る

調べてもらう

積み木

不動産鑑定とは、所有している不動産にどのくらいの価値があるのかを、専門家に調べてもらうことです。この専門家のことを不動産鑑定士というのですが、これはそれに関する国家資格を有している人のことです。そのためその鑑定には信憑性があり、結果を記した鑑定書は、その不動産の価値を示す根拠のある資料となります。 不動産鑑定士に鑑定書を出してもらうことで、その不動産の価値を具体的に知ることができます。それにより、売却をする際には売値を決めやすくなります。購入する側も、鑑定書があれば、売値が適正価格かどうかを確認することができます。また、不動産を相続する際にも、相続税がどのくらい請求されるか、事前に把握しておくことができるようになるのです。そのため、中央区で不動産売買を行なう際には、きちんと不動産鑑定を行なってもらうようにしましょう。

中央区にある不動産の相場は、刻一刻と変動しています。地価は、周辺環境の変化によって変動しますし、建物の価格は、築年数が増えたりリフォーム工事を施したりすることで変動するのです。 したがって、一度不動産鑑定をしてもらい、土地と建物との合計が2000万円という鑑定結果が出たとしても、年月を経ることでそれが大きく変わる可能性があります。地価が高騰すれば3000万円ほどになることもありますし、建物が老朽化すれば評価額が下がることで1500万円ほどになったりするわけです。 そのためあまり古い鑑定書だと、不動産売買や相続の際の参考にしにくいこともあります。したがって不動産鑑定は、鑑定書が必要になったその時点で依頼することが効率的と言えます。