賃貸の費用について|不動産売買や相続で損はしたくない|手放す前に物件の価値を知る
積み木の家と人形

不動産売買や相続で損はしたくない|手放す前に物件の価値を知る

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の費用について

婦人

賃貸の相場は、賃貸物件の住環境や利便性によって大きく異なるため一概に断言することができません。 しかし、付加価値的な費用として必ず必要になる費用もあるためその費用に関しては知っておく必要があるのです。 例えば、敷金と礼金と申込金です。 この内、敷金と申込金に関しては預かり金であるため将来的に必ず返還してもらうことができます。 預かり金というのは、賃貸契約を担保するために相手に対して預けておくお金なので費用として計算する必要はありません。 反対に、礼金は将来的に返ってくるお金ではないため費用として計算しなくてはいけないのです。 礼金の相場は家賃の相場と比例関係にあるため、家賃が高くなるほど平均的な相場も上昇するのです。

敷金や申込金が礼金と異なって返還されるのは、法律でそのような規定が存在するからです。 宅地建物取引業法には、預かり金として預かったお金に関しては必ず返還しなくてはいけない旨を規定しています。 正当な理由が無く返還を拒否することは許されていないため、正しく賃貸を利用すれば実質的な初期費用は0にできます。 ただ、敷金に関しては原状回復でお金を差し引かれることもあるため注意をする必要があるのです。 敷金は、賃借人が綺麗に部屋を使わなかったときに利用するお金であるため、部屋を汚い状態で返還すると余計な費用がかかります。 こうした敷金や申込金の相場に関しては昔も今も全く変わっていません。 賃料を基準として計算されるのでわかりやすいのです。